大人になってから再びハマった遊戯王カードのという趣味

私の趣味は子供の頃に遊んでいた遊戯王カードを集めることです。
主に小学生の頃にやっていて、中学に入学して以降はほとんどやっていませんでしたが、大人になってからまた自分の中でムーブが再燃したのです。
というのも、まさに私と同じくらいの年齢の人たちが大人になって、財力を蓄えて子供の頃のレアカードを集めているらしく、名が通っているYoutuberの人たちの中にもそういったケースがあり、それが影響して私もまた遊戯王カードを収集するようになりました。
小学校卒業以来で、20台後半の頃からまた集め出したので、15年ぶりくらいということになります。
大人になっても当時の子供の頃のように夢中にさせてくれる遊戯王カードというのは魅力が大きいのだと思います。
私のように、大人になってから再び遊戯王カードを集め出した人たちというのは、かなり多くいるみたいで、その影響もあってか、いろいろなカードの値段が高騰しています。
大人でもなかなか手を出しづらいような値段のカードも多くなってきましたし、1枚で数十万円以上するようなものがどんどん増えてきたのです。
カード1枚にそこまでお金をかけられる人は少ないと思われるものの、オークションサイトなどを見ていると、そういった価格で落札もされていますし、やっぱり欲しい人は欲しいんだなという部分が感じられます。
私の場合にもそこそこ高いカードを買っており、1枚数万円程度のものまでは買ってしまいます。
やはり高いカードは世の中に存在する枚数が少なかったりしますし、人気が高いという側面もあるので、そういったものを所有していると優越感を覚えるのです。
だからこそ、ちょっと無理をしてもそういったカードを買ってしまうことがあるのです。
遊戯王カードにハマり出してから、やっぱりお金の使い方はかなり変わりました。
それ以前は生活費以外でお金を使うケースってあまりなく、お金を必要としない趣味ばかりだったと思います。
しかし、遊戯王カードを集め出してからは、趣味にかなりお金がかかるようになりました。
ただ、遊戯王カードというのは、それ自体をショップとか、オークションサイトで売るということが可能で、一定の資産として機能する点はポイントです。
お金が出ていくだけではなく、使った金額のうちの一部が資産として残りますから、そこは趣味の中でも良かったと感じる部分です。
でも、ハマりすぎると本当にお金をどんどん使っていくことになるので、そうならないように気を付けたいと思っています。

ポリピュアEXの効果

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です